jyonyblog’s diary

生活関係・芸能関係を書きますよろしくお願いします

鶴瓶やタモリもメロメロ 芸能界の大物を虜にするあいみょんの魅力

半沢直樹」とともに話題になった「私の家政夫ナギサさん」では多部未華子大森南朋が注目されたが、ヒットを支えたのは若い多部の戸惑う心情と重なるような、あいみょんが歌う主題歌「裸の心」だった。紅白歌合戦に民放ドラマの主題歌を歌った歌手が出場することも多いが、今年ならあいみょんだろう。

 このところ、あいみょんに前のめりな芸能界の大物も目につく。8月に「A―Studio+」で共演した笑福亭鶴瓶は今月6日にはニッポン放送「日曜日のそれ」に電話出演してもらうほどメロメロ。タモリは番組であいみょんの意外な一面を引き出し、ニュースになった。昨春あいみょんは「タモリ倶楽部」で官能小説の世界を紹介したが、今月18日、同番組の浮世絵の春画をテーマにした放送では「官能小説と同じくらい春画が好きです」と語ってタモリを喜ばせた。歌川国芳の骸骨も登場する春画を見てコメントした「妖怪になってまでも尽きない、この性欲」はけだし名言か。

 応援団は「喝采」「北酒場」などで知られる作曲家の中村泰士日刊ゲンダイのインタビューで「スタイルがシンプル。自分が感じていることをストーンと出している。すごい」と称賛した。

 ある大物歌手は「あいみょんは声があまり高くないのね。中間音が魅力的」と語った。

 あいみょんが際立っているのは歌詞の詩人のような秀逸さだろう。「ハルノヒ」は「北千住駅のプラットホーム」が出だし、「ふたりの世界」では「まだ眠たくないのセックス」と歌う。

 名プロデューサーにして、レコード会社のトップも務めた飯田久彦氏は昨今の音楽を「サウンド志向でそれもグループばかり。詞が頭に入ってこないし、記憶にも残らない」と嘆いた。

「もっと歌詞を大切に」ということだ。飯田氏はあいみょんのような世界を思い描いているのではないか。

 今月5日、「SONGS」に出演したあいみょんは「ステージに立てなくなったとしても作詞作曲だけはきっとやってるな」と語った。

 同番組の司会の大泉洋は「あいみょんを知っているだけでおじさんの自慢」とデレデレしていたのも印象的。あいみょんはコロナ時代に中高年を癒やす「歌姫」だ。

 
月100円(税抜)~なのにWAF搭載で安心のホームページ運営!

誰でも使えるシンプルで高速なMixhost VPS

中古ドメイン活用で収入UP!アクセス中古ドメイン

ポーラ -POLA-