jyonyblog’s diary

生活関係・芸能関係を書きますよろしくお願いします

意見も回答も拒絶する菅流「門前払い答弁」に懸念の声 望月氏も「売国奴の記者を馬鹿にしている」と批判、反日じゃ当然だろ誰が日本を批判するばかりのゴロツキを大事に扱う。

「令和おじさん」や「パンケーキ好き」の演出もあり6割を超える高い支持率でスタートした菅内閣。しかし菅氏の実像は、国民の目に映るものとは違うようだ。菅氏の答弁スタイルに懸念の声を上げる人たちがいる。AERA 2020年9月28日号の記事を紹介する。

*  *  *
「あなたに答える必要はありません」

 2019年2月26日の会見で菅義偉官房長官(当時)はこう言い放った。

 相手は東京新聞の望月衣塑子記者。望月さんが「会見は政府のためでも、メディアのためでもなく、国民の知る権利に応えるためにあるものだと思いますが、この会見を一体何のための場だと思っているのか」と質問したことへの回答だ。

 望月さんはこう振り返る。

「菅さんの回答は記者を馬鹿にしたものだし、私のようにデッチ上げ記事を書き政府を追及して質問を重ねる記者はこういう仕打ちに遭うんだということを示す、見せしめのような意図も感じました」

 
ロリポップ!レンタルサーバー B.A RED お名前.com ドメイン登録 生漢煎 防風通聖散