jyonyblog’s diary

芸能関係を書きますよろしくお願いします

吉川晃司主演「由利麟太郎」の色気に期待大…テレビ復権の追い風も

 【B.A RED】赤の跳躍美

「ウィズ・コロナの新しいステージに入った」と、小池百合子都知事が11日に「東京アラート」の解除を宣言。テレビでは今週18日、木村拓哉(47)主演「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系=木曜夜9時)がようやくスタートするなど、4月クールのドラマの再開がいくつか決定。「新しい生活様式」の中で、テレビも次のフェーズに入った様子だ。

「さまざまな制約で新作の制作が止まった中、バラエティー番組の総集編やドラマの再放送でしのいできましたが、在宅時間が増えて“テレビ回帰”となったのは、世帯視聴率が示しています。“無料の娯楽”という地上波テレビの優位性でしょう」(広告代理店関係者)

 とはいえ、情報番組ではコロナ関連ネタと“文春砲”ネタに頼っているのも地上波テレビ。それにしてもネタ元に関係する事務所やスポンサーへの忖度が働いていることに、多くの視聴者は気づいている。

「そんな状況だからこそ、最初からフィクションだと分かっているドラマの面白さに身を委ねたいもの。だから過去の名作の再放送も熱く支持される」とは、テレビコラムニストの亀井徳明氏。このコロナ禍こそ「テレビ復権の最大のチャンス」と、亀井氏はこう続ける。

「本放送時には教師と中学生の恋愛という設定へのマイナスイメージが先行、ネットの評判も辛口優勢だった『中学聖日記』ですが、深夜の再放送で評価が上がった。放送時間帯によって視聴者の感じ方は変わります。その結果、有料配信やパッケージソフトへの誘導にもなる。すべて“新作”で編成をしなくても、うまく再放送を利用することで新たな視聴者を獲得できることに気づいたはずです」

 実際、本来なら「13年ぶりの復活」で話題になるはずの篠原涼子(46)主演「ハケンの品格」(日本テレビ系=水曜夜10時)の枠にスポットで再放送された「ごくせん」(2002年本放送)が話題に。ネットでは〈このまま全話続けてほしい〉なんて声が上がったほどだ。

「そうなると新作のハードルは高くなりますけど、やはり期待しちゃいますね」と、前出の亀井氏は16日に始まる「探偵・由利麟太郎」(カンテレ制作・フジテレビ=夜9時)を推す。

 由利麟太郎はミステリーの巨匠・横溝正史が「犬神家の一族」の“金田一耕助”以前に登場させた銀髪の探偵。54歳にして連続ドラマ初主演となる吉川晃司(54)がその役を務める。

「新作のライバルが少ないことと、テレビに戻って来つつある昭和世代のオジサンに刺さりそうな内容を考えると、好結果につながる可能性はあります」(前出の広告代理店関係者)

 TBSのドラマ「下町ロケット」の“財前部長”役で人気を博した吉川。

「1985年のNHK紅白歌合戦で大暴れ、長い間NHKを“出禁”になるなど、数々のヤンチャ伝説がある吉川さんですが、自分の思いに真っすぐな部分は残しながら、今は“オトナの色気”を程よく醸し出しています。今回の由利役での黒いロングコートは、銀髪の長身にすごく似合っていて、きっと吉川さんならではの“横溝ワールド”を体現してくれると思います」(前出の亀井氏)

 果たして「You Gotta Chance」とばかりに、「新しい生活様式」を追い風にできるか? 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

【POLA】ノンシリコンシャンプー/FORM

月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!