jyonyblog’s diary

芸能関係を書きますよろしくお願いします

好評だったNスペ「未解決事件 JFK暗殺」 専門家は「事実誤認が多い」と苦言

 ホームページ作成サービス「グーペ」

SNS上では好評  NHKは4月29日と5月2日の2夜にわたり、NHKスペシャルのシリーズ「未解決事件」第8弾として、ケネディ大統領暗殺事件を取り上げた。

 ***

 どれほどNHKが力を入れたかは、前編の「episode 1 “はめられた“男」、後編の「episode 2 浮かび上がる“黒幕”」というタイトルからも伝わってくるだろう。「未解決事件の謎を解く」という意気込みが感じられる。

 そもそもシリーズ「未解決事件」は2011年からスタートし、再現ドラマとドキュメンタリーを組みあわせて事件を検証するという構成だ。

 ドキュメンタリー部分の取材力を「さすがNHK」と評価する声だけでなく、再現ドラマにおける俳優の演技が絶賛されることも少なくない。

 第3弾の尼崎殺人死体遺棄事件や、第7弾の警察庁長官狙撃事件など、話題作の記憶も新しい。NHKを代表する人気シリーズの1つと言えるだろう。

 そして第35代アメリカ大統領のジョン・F・ケネディ(1917〜1963)を取り上げた今回の放送だが、「episode 1」も「episode 2」もゴールデンウィーク中の放送となった。

 新型コロナで視聴者の多くは自宅に籠もり、無聊をかこっていたに違いない。NHKが普段以上に視聴率を意識したとしても不思議はないだろう。

 NHKの公式サイトに掲載された番組の宣伝記事を見れば、「あの暗殺事件の闇に迫る」と刺激的な見出しが躍っている。本文の一部をご紹介しよう。

《今回、NHKは、CIAの元調査員や米軍関係者、JFKの甥(おい)、映画監督のオリバー・ストーン氏ら66人のチームと共同で、機密文書の一部や非公開ファイルを入手し、分析。その結果、「暗殺は元海兵隊員・オズワルド単独によるもので、黒幕はいない」と、アメリカ政府が断定してきた“定説”が根底から揺らぎ始めました》

《日本〜旧ソ連アメリカとオズワルドの足跡をドラマ化。さらに、これまでメディア取材に応じてこなかった元軍人やCIAの幹部らも初証言。オズワルドを事件へと導く“壮大な策略”も浮かび上がってきました。大統領暗殺という衝撃的事件、その闇に迫ります》

 実際のオンエアも、ドキュメンタリーの部分はオズワルドとCIAの知られざる関係を追った。ケネディの甥にあたるロバート・ケネディJr.が独占インタビューに応じたほか、複数の元CIA高官も組織の“暗部”を明かした。

 ドラマ部分も、オズワルドの知られざる一生を丁寧に描いた。暗殺の瞬間を再現したのは当然ながら、オズワルドがロシアに亡命したり、アメリカに帰国して妻に暴力を振るったりする場面などは、「初めて知った」と驚いた視聴者も多かったに違いない。

 なかなかの力作ということもあり、視聴者の反応は、おおむね好意的だったようだ。ツイッターの検索結果から、評価する声の一部をご紹介しよう。

NHKスペシャルJFK暗殺」前後編すごくおもしろかった》
NHKの取材力の凄さを感じました》
《再現映像のクオリティがとても高く映画を見ているようだった》
《このシリーズは本当に見応えが凄くて、今回も没入感が凄まじかった。目の前の分かりやすい陰謀論に飛び付かず、資料を綿密に調査し、世界に足を伸ばして真相に肉迫する内容が最高》
(註:一部のツイートは改行を削除するなど、デイリー新潮の表記法に合わせた、以下同)。

 ところが、である。一般の視聴者は「充実した番組だった」と満足したかもしれないが、専門家は全く逆の感想だったという。

『捏造の世界史』(祥伝社黄金文庫)などの著作がある、アメリカ現代史研究家の奥菜秀次氏は2004年11月、週刊新潮に「『ケネディ暗殺犯』オズワルドの愛人だった『日本人女性』」の記事を寄稿している。

 著作や記事のタイトルからもお分かりいただけるだろうが、奥菜氏は陰謀論に精通。中でもケネディ暗殺事件における「複数犯説」を詳細な資料と取材から否定し、リンドン・ジョンソン大統領(1908〜1973)が設置した調査委員会が1964年9月に完成させた「ウォーレン報告書」が結論づけた「オズワルド単独犯説」を覆す証拠はないと指摘している。

書籍として市販されている書類を“機密文書”と紹介?  番組は調査委員会の結論とは違って、単独犯説に異議を唱えた。つまり、奥菜氏のスタンスとは対立することになる。

 もっとも、奥菜氏は「番組は事実誤認と誇張が多く、対立という以前の問題です。率直に言って、とんでもない番組でした」と呆れるのだ。

 例えば初歩的な“ミス”が、番組の冒頭からあったという。放送開始から約8分が経過した場面だ。

 テキサス州ダラスの教科書倉庫ビル6階の窓から、ケネディが射殺される場面がドラマで再現される。その後、ビル2階で単独犯とされたリー・ハーヴェイ・オズワルド(1939〜1963)が警察官の尋問を受ける場面になった。

 警察官はオズワルドが倉庫ビルの従業員であることを確認すると、その場を立ち去る。するとナレーションが以下のように説明した。

《教科書倉庫ビルの従業員で、事件前後に目撃されていたオズワルド。ただ、彼を犯人だと断定できる証言は1つもなかった》

 ところが、この「証言は1つもない」という表現は、事実と異なるという。奥菜氏が指摘する。

「実際はハワード・ブレナンという地元のボイラー技士が狙撃者を目撃し、オズワルドだと認めています。『ウォーレン報告書』で、ブレナンの証言は2ページ弱の分量で紹介されています。しかし番組は全く言及しませんでした。その次に記載されているのは、倉庫ビルの6階から銃身が突きだされているのを目撃した男性の証言なのですが、こちらは番組冒頭の7分35秒ごろに紹介されています。これでは資料の取捨選択が恣意的だと批判されても仕方ないでしょう」

 この後、番組はオズワルドとCIAの関係を深掘りしていく。ドラマ部分が一段落した後の45分ごろ、2019年に共同で暗殺事件の調査を続けてきた“専門家”66人が示した“新たな見解”という文書が紹介される。

 ナレーションは、この文書は暗殺事件について《国家の安全保障機関のメンバーが実行したことを強く示唆している》、《CIAなどの国家組織の関与を明言した》と解説する。

 間髪入れず、ナレーションは《大統領直轄の組織が、自らの主に牙を剥くことなど本当にあるのか》と自問自答するが、すぐに《ところが今回、CIAの裏切りを示す証拠を入手した》と宣言するのだ。

 画面に映し出されたのは「IGレポート」の一部。この文書についてナレーションは「通常は表に出ることのない、内部のやり取りを示したものだ」と説明する。

 きっと視聴者の全員が「NHKが極秘文書を独自に入手したのだな」と受け止めただろう。しかしながら、これは誇張だという。

「このレポートは1967年に作成されましたが、既に公文書として公開されており、1996年に『CIA Targets Fidel: The Secret Assassination Report』というタイトルで読みやすく打ち直して商業出版もされました。自分も20年以上前に買ったのですぐわかりました。日本のAmazonでも同じタイトルで2002年に出版されたペーパーバックが1527円で販売されていました。ただし、現在は在庫切れで入荷未定ですが。また、番組ではレポートの『カストロ暗殺を政権の責任にできるか?』という設問部分を結論であるかのように引用しています……」(同・奥菜氏)

問題が目立った翻訳
 奥菜氏が指摘した“ミス”は他にもあるが、紙幅の関係で割愛させていただいた。「episode 2」の“出来栄え”も同じで、ここでは2つの間違いをご紹介しよう。

 番組の開始から約38分が経過した頃、番組は「ウォーレン報告書の疑問点」を指摘していく。

 ケネディが暗殺されたのは午後12時30分。報告書に記載された「オズワルドの目撃証言」は、暗殺35分前の6階、暗殺から90秒後の2階にいた時の2回しかないと番組は主張する。

 ところが、逮捕後にオズワルドを尋問したFBI捜査官のメモには「パレードを見るために外へ出た」との供述が記録されている、と明らかにしたのだ。

 さらに《暗殺直前の12時25分、1階でオズワルドを見た》という同僚の証言も“発掘”した。そしてナレーションは《なぜこうした重大な情報が政府の結論から抜け落ちているのか》と疑問を投げかけた。

 だが、奥菜氏によると、どちらの証言も信憑性が低いという。

「メモに残されたオズワルドの供述は『11月22日の朝、倉庫ビルに仕事へ行った。昼は2階でコーラを買い食事を摂り、1階に戻って食事を摂り、パレードを見に外へ出た』となっています。しかし捜査の結果、昼食時にオズワルドを1階や2階で目撃した人は見つかりませんでした。NHKが注目した『パレードを見るために外に出た』というオズワルドの証言は、いわゆる“裏が取れていない”状態なのです」

 番組が《12時25分に1階でオズワルドを見た》という同僚の証言を紹介したのは、オズワルド証言における“裏取り”の役割を果たすと考えたからだろう。しかし、こちらの証言を奥菜氏は「2種類の書類の情報を繋げて翻訳していて、無理があります」と一蹴する。

「証言記録どころか、番組の紹介画像(39分36秒)を止めて見れば明らかですが、NHKが指摘した『12時25分』という時間は証言者が倉庫ビルを出た時間であり、オズワルドの目撃時間ではないのです。『1階でオズワルドを見た』は別の書類です。活字のスレが違うので、誰でもわかります。後の方の証言も正確に翻訳してみましょう」

 奥菜氏の翻訳は、「1階の食堂の二重のドアと入り口のドアのあたりのホールにリー・ハーヴェイ・オズワルドが立っているのを見た。それがオズワルドだったがはっきりしないが、彼だったと思うとして、時間は午後12時15分の数分前だと思うと言った」だ。

「12時15分と30分では15分も間があります。この証言から『オズワルドは12時30分にビル6階にいなかった可能性がある』と類推するのは無理があるので、別の証言書類をツギハギして裏付けとしたのでしょう」

 最後にご紹介するのは、まさに番組のラストで紹介されたエピソードだ。ナレーションが次のように言う。

《今回の取材で、オズワルドの知られざる言葉が掘り起こされた。事件の数か月前、あるスピーチの場で語られたものだった》

 そしてドラマ部分でオズワルドを演じた俳優、ジェイムス・ワトキンスがカメラに向かって「あなたがたは真実を知り、真実はあなたがたを自由にします(ye shall know the truth, and the truth shall make you free)」という一節を口にする。

「番組はこの後、この言葉の出典が新約聖書ヨハネ福音書にあることを紹介します。そしてCIAの本部の壁に掲げられていたことも指摘するのですが、これを『知られざる言葉』と形容し、オズワルドとCIAの関係を象徴する材料に使うのは、さすがに無理があると思います。なぜなら、この言葉は聖書の中でも非常に有名な一節で、特に欧米社会では普通に引用される場面が少なくないからです」

NHKは文書で回答
 おまけに日本では「真実」ではなく、「真理」という訳語を使うことが多いようだ。例えばインターネットで検索すると、「あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします」と紹介されている。

 真実という言葉を使うと、いかにも政府の陰謀を連想させるが、真理となると一気に宗教色が強くなる。

 ちなみに、「真理は自由にします」の言葉は、東京都内の国立国会図書館の壁にも書かれているという。NHKの論法を使うなら、オズワルドは国会図書館とも深い関係を持っていたことになってしまう。

 NHKに取材を申し込むと、文書で回答があった。項目別に全文をご紹介しよう。第1点目は「オズワルドが犯人だと断言できる証言は1つもなかった」というナレーションの問題だ。

NHK は、ケネディ暗殺研究者の土田宏城西国際大学大学院教授、及びアメリカの専門家たちの監修を受けながら取材して参りました。ブレナンの証言も当然承知しております。ブレナンの証言にいくつもの疑いがあることはアメリカの専門家による研究や土田教授の最新研究で指摘されていることでもあり、例えば「オズワルドが立って撃った」というブレナンの証言と現場の状況に矛盾があることや、「残された薬莢の数とオズワルドの射撃動作の矛盾」、事件後に「目の手術を受けた」ことから視力に問題があったのではないかという指摘などから、「犯人だと断定できる証言」ではなかったと考えております》

 第2点目は、IGレポートが商業出版も行われていたという問題だ。

《今回、番組では、2018年に入手した「IGリポート」をもとに取材を進めました。出版化 された際に黒塗りされていた箇所の黒塗りが無くなって固有名詞などが分かる最新のものです。文書には、「secret eyes only」と記載されており、通常表に出ることがない内部のやりとりと理解しております》

 第3点目は「オズワルドはパレードを見たのか?」という問題だ。

 番組では、オズワルドがFBIの取り調べに対し《1》「昼食後、パレードを見るために外に出た」と供述し、《2》「12時25分に1階でオズワルドを見た」という証言があることも紹介し、ウォーレン報告書や政府見解に疑問を投げかけた。

 だが、《1》も《2》も信憑性に乏しい供述・証言ではないかという問題だが、以下がNHKの反論になる。

《《2》の証言をしたアーノルド女史は、FBI の聞き取りを二度受けていて、最初は 12 時 15 分の数分前というコメントですが、二度目には 12 時 25 分と訂正、証言にサインしています。画面にはヒアリング2回分の資料が映っております。また《1》について私たちが問題視したのは、FBIが聴取した「本人」による情報でありながら、それが表に出てい なかった事実です。《1》と《2》の資料でお伝えしたのは、オズワルドが 6 階にいたかどうかではなく、「重要な情報が、なぜ政府の結論から抜け落ちたのか」という点です。番組内でもそのようにコメントもしております》

 最後の第4点目は、引用された聖書の問題だ。人口に膾炙した一節であり、CIAとの特別な関係を現すものという評価は過剰だという指摘だ。

《「真実はあなたがたを自由にします」という言葉は、元 CIAの職員達から取材で得た言葉です。あくまで、CIAの職員がこの言葉を大事にしていたという事実、そしてオズワルドが生前この言葉を語っていた事実を実録ドラマ内で伝えたものです》 

ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】