jyonyblog’s diary

芸能関係を書きますよろしくお願いします

宝塚108期生、6・5に入学式 史上初の宝塚大劇場ロビーで

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 未来のタカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校兵庫県宝塚市)は30日、延期となっていた108期生入学式を6月5日に史上初となる兵庫・宝塚大劇場の改札前大広間(ロビー)で行うことを発表した。例年、同校の講堂で行われていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の「3密」を避けるための対応。国歌、校歌を斉唱せず、新入生が本科生に校章をつけてもらう伝統のセレモニーも控えるなど異例づくしの入学式となる。

 新型コロナに負けず、“すみれの花園”がようやく門戸を開く。

 4月17日から延期となっていた宝塚音楽学校の入学式が6月5日に決定。開校108年で史上初となる大劇場の大広間(ロビー)で“晴れの門出”を迎える。

 この日、同校は書面で「入学式に関しましては、現下の状況を考慮し、会場を変更するとともに、人数・内容を縮小し、必要な感染防止策をとったうえで実施する方向で検討しております」(原文ママ)と発表した。

 新型コロナの影響で4月7日から臨時休校していたが、緊急事態宣言が解除され、6月2日から再開。40人の新入生は翌3日から登校する。例年の入学式は、同校の講堂で開催されていたが、コロナ禍が続くクラスター対策のため、今年は会場を大劇場改札前の大広間に変更。新入生は窓外の武庫川を眺めながらタカラジェンヌへの一歩を踏み出す。

 大広間は講堂より約1・5倍のスペースで、同校関係者は「換気が十分できるし、客席もかなり広く取れる」と説明。新入生らが座る椅子の間隔は1・5メートルほど開け、互いの距離を確保。保護者や来賓などの人数にも制限をもうけ、報道陣への公開も代表取材のみとなった。

 「3密」を避けるため、環境だけでなく内容も大幅変更。「歌を歌うと飛沫が飛ぶ」との理由で、国歌、校歌の斉唱はなし。濃厚接触にならないように、本科生に校章をつけてもらう恒例のセレモニーも行われない。

 108期生は、3月27日に行われた合格発表も、風物詩である掲示板に受験番号が掲示される形ではなく、学校の公式サイトで知らされた。

 入学後は2年間、歌やダンス、日本舞踊などのレッスンを受けるが、2カ月続いた休校のため、夏休みの短縮や行事の見直しなど、大幅な日程変更も余儀なくされる。

 困難な日々は続くが、いつか自分たちが立つであろう大劇場での入学式は、タカラジェンヌの金の卵たちにとって特別な思い出となるはず。2022年の初舞台を目指し、新生活が始まる。

★6月末まで全公演中止…7月以降の日程は今後検討

 宝塚歌劇団は、新型コロナの影響で3月に公演中止と再開を繰り返していたが、4月の段階で6月末までのすべての公演中止を発表。これにより、雪組月組のトップコンビの退団日や今春入団した106期生の初舞台公演がともに延期となり、花組新トップスターの柚香光(ゆずか・れい)のお披露目公演も中止となった。7月以降については、今後の状況を慎重に見極めながら、公演日程の見直しも含め、改めて検討していく。 

月100円(税抜)~なのにWAF搭載で安心のホームページ運営!

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

高速・多機能・高セキュリティ美しいホームページを作るなら Z.com

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール