jyonyblog’s diary

芸能関係を書きますよろしくお願いします

《オスカーモデル部門も崩壊危機》3月にリサ・ステッグマイヤー、4月に長谷川潤が相次いで退社

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 4月30日、文春オンラインの取材で、大手芸能事務所オスカープロモーションのモデル部門から長谷川潤(33)がすでに退社したことがわかった。モデル部門からは3月31日にリサ・ステッグマイヤー(48)、4月30日に富岡佳子(51)、絵美里(35)がすでに退社している。

有名女優に続いて人気モデルも続々退社  オスカーを退社する所属タレントが後を絶たない。先陣を切ったのは2019年12月に退社した 忽那汐里 (27)だった。その後、2020年2月には草刈民代が独立を発表。3月11日にはモデル・ヨンア(34)が、3月いっぱいで岡田結実(20)が退社した。そしてついに3月31日、 看板女優・米倉涼子(44)までもが退社 し、個人事務所Desafío(デサフィオ)を設立。そして今春、数々の有名女優のオスカー退社に続いて、人気モデルらもオスカーと袂を分かったのだ。

長谷川潤さんは2005年からファッション誌『ViVi』(講談社)の専属モデルや、資生堂の化粧品ブランド『化粧惑星』のイメージモデルに起用され、人気モデルとして地位を確立しました。当時、EXILEメンバー・MAKIDAIさん(44)との交際がきっかけで、同年に芸能事務所LDHに所属。MAKIDAIさんと破局後は、2011年にハワイに住む実業家と結婚して子供を2人出産した後、2015年にオスカーへ移籍しました。2019年には離婚を発表していますが、出産や離婚をしても美しさは変わらず。オスカーを退社してもモデル活動に差しさわりはないでしょうね」(芸能関係者)

リサ退社の裏に“社員の大量退職”
 リサ・ステッグマイヤーは長年にわたって芸能界で活躍してきた元祖ハーフタレントだ。モデルとしても活躍しており、近年オスカーではモデル部門に所属していた。

「リサさんは『笑っていいとも!』(フジテレビ系)や『天才てれびくん』(NHK教育)でブレイクし、ハーフタレントの先駆けとして活躍していた。一時期はNHKと民放各局全てにレギュラー番組を持つほどの人気タレントでした。現在は日本トライアスロン連合(JTU)事業広報委員を務め、自身もトライアスロンの選手として活動もしています。モデルやタレントとしての活動が少なくなったことも、退社という決断を後押ししたのでしょう。しかし、直接のきっかけとなったのは“社員の大量退職”です」(事務所関係者)

 3月下旬に、オスカーの創立者で長年社長を務めた古賀誠一氏(80)が会長に就任。新社長には石川薫氏が就いた。社員の大量退職は、この経営陣の交代が大きく関係している。

“娘婿”堀氏の独裁体制で毎年数十人の社員が退職
「古賀社長の社長引退が近づくにつれ、“娘婿”である堀和顯氏(かずあき・49)の権勢が強まっていきました( 【オスカー退社】米倉涼子に嫌われた創業者の娘婿が”マイクぶんどり事件”「オレには妻という”切り札”がある」参照 )。新社長の石川氏も長らくナンバー2でしたが、彼も堀氏の機嫌を損ねないようゴマをするばかりで意見することはない。堀氏の独裁体制にあるここ数年は、毎年数十人の社員が辞める異常事態が続いているんです」(事務所関係者)

 堀氏が実権を握ってから、まず始めたのは「極端なまでの経費削減」だという。

「現場マネジャーにとって、テレビ局や雑誌の媒体関係者とコネクションをつくってタレントを売り込むことは重要な仕事です。しかし堀氏はほとんどの会食の経費を落とさないように経理に指示した。それでもマネジャーなど現場で働く中堅社員たちは自腹で会食をし、営業をかけていた。そんな状況に耐えきれず、まず経理部など堀氏と直接関わることの多い部署の社員が辞めていったんです。その後、テレビや雑誌へのコネクションが強い“仕事ができる社員”たちから1人抜け2人抜け、いまではほとんどがオスカーを離れた」(同前)

モデル部門を任されていた優秀なマネジャーも退社  そして、大量退社した社員のなかには、モデル部門で長年働いていたAさんもいた。

「Aさんに対するモデルからの信頼は絶大でしたよ。Aさんはファッション業界でも顔が広く、ファッションを語らせたら業界でも3本の指に入ると周囲から言われるほど優秀な方でした。そして人柄もよかった。クライアントへ媚びることなく、タレントを売り出し守る、タレント最優先の方だった」(ファッション誌関係者)

 古賀会長は女優部門を重点的に見ていたが、モデル部門はAさんに任せていたという。

「Aさんはモデル部門のマネジャーを10年以上担当しています。多くの芸能プロダクションはタレントとマネジャーが癒着して独立することを避けるために、2、3年で担当替えをすることが多い。しかしAさんは実力と実績から、モデル部門から異動することはありませんでした。Aさんが退社したことは、モデル部門のタレントにとって大きな契機になったでしょうね。長谷川やリサ、富岡、絵美里らをオスカーにつなぎとめていたのはAさんだったんです」(前出・芸能関係者)

オスカーも長谷川潤らの退社を認めた  オスカー広報部に事実確認を求めたところ、「長谷川潤さん、リサ・スティッグマイヤーさん、富岡圭子さん、絵美里さんが退社したことは事実です」という回答だった。

 かつて“美の総合商社”と呼ばれた名門オスカー。お家騒動のせいで、売り物だった“美”は本当に消滅してしまうのか。 

月100円(税抜)~なのにWAF搭載で安心のホームページ運営!

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

高速・多機能・高セキュリティ美しいホームページを作るなら Z.com

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール