jyonyblog’s diary

芸能関係を書きますよろしくお願いします

【急逝・木村花さん】知人が振り返る女子高生時代のジャスミンコスプレ写真と「コスチューム激怒事件」の真相

 ホームページ作成サービス「グーペ」

「一緒に写真撮りましょう!」  ハロウィーンで賑わう渋谷。ディズニー映画「アラジン」のヒロイン“ジャスミン”のコスプレ姿で突然話しかけてきた少女が、当時16歳の木村花さんだった。出演していた「テラスハウス」では強気なキャラクターだったが、7年前に彼女と知り合った知人男性が明かしたのは、寂しがりやだった木村さんの“素顔”だった。

 女子プロレス団体「スターダム」の看板レスラーで、恋愛リアリティー番組「テラスハウス」にも出演中だった木村さんの突然の訃報。まだ22歳だった彼女は、テラハファンたちからの誹謗中傷SNSに悩んでいた。 「木村さんが亡くなった都内の自宅マンションからは、遺書のような手書きメモが見つかっている。母親に宛てて『産んでくれてありがとう』などと書かれていた。自殺とみて間違いないでしょう。ベッドの近くからは薬剤の容器も見つかっており、有毒ガスを発生させて自殺をしたとみて、警察は捜査しています」(社会部記者)

 第一発見者は心配して駆け付けた母親の響子さんだった(43)。響子さん自身も元女子プロレスラーだった。

《木村花を応援してくれたかた 仲良くしてくれたかた 愛してくれたかた 守ってあげられなくて ごめんなさい 辛い想いをさせて ごめんなさい あなたが辛いと 花も辛いから どうか楽しく元気な花を 心に置いてあげてください 花が伝えたかったことを カタチにするために もっと強くなります》(5月24日、響子さんのツイッターより) ペットのブタを追いかける元気な少女だった  1997年、木村さんはインドネシア人の父と響子さんとの間に生まれ、神奈川県で育った。幼いときに両親が離婚してからは、東京・葛飾に引っ越し、しばらくは母と2人暮らしだった。当時の木村家の近隣住民が話す。

「花ちゃんが小学生くらいの頃、ペットとしてブタを飼っていて、よく脱走したブタを元気に追いかけていて活発な子でした。当時はお母さんも現役レスラーだったので、試合でいないときは、おばあちゃんが花ちゃんの世話に来ていました。お母さんはしつけに厳しく、『なにやってるの!』と、よく家の外まで花ちゃんが怒られている声が聞こえてきました。目が大きくて可愛らしい女の子でしたよ」  小中学校の同級生が振り返る。

「とことん素直なんですよね。自分の思ったことは何でも表に出していました。木村は柔道部に所属していて、私が柔道部の部室を片付けていたとき、木村の荷物をどかして掃除をしただけで、『やめてくれる?』とめちゃくちゃ怒ってきた。

 そんな性格もあって、中学の時はからかわれていたこともありました。心ない言葉を同級生男子に言われていました。なんでもストレートに言う木村ですが、そのときだけは何も言い返してなかった。怒るわけでも、泣くわけでもなく、ただただ黙って聞いていた。

優しいからなのか、周りにSOSも出さないんですよね。何もなかったかのように。彼女から『辛い』って言葉は聞いたことないですね」  地元の公立中学を卒業後、都立の高校へ進学。木村さんが冒頭の男性と出会ったのはその頃だった。

《昨日写真を撮りました! 覚えていますか?》

「2013年のハロウィーンでした。花さんは友人と2人で渋谷に遊びに来ていて、僕らのグループに話しかけてきたんです。その場で写真を撮り、その時は、特に会話もせず別れました。翌日に僕がハロウィーンの写真をツイッターに投稿すると、《昨日写真を撮りました! 覚えていますか?》というリプライが花さんからあったんです。

 すぐにダイレクトメッセージを送ると、《うれしいです! 〇〇さんが着ていたパーカーがドツボ! めっちゃ可愛いですね》という返信がありました。何度かやりとりをした後、LINEを交換しました。よく学校からも《暇~!》というLINEが送られて来た。教室で自撮りした画像が送られて来ていたのを覚えています」  木村さんは男性がDJをやっていることを知ると、こんなメッセージを送ってきたという。 《DJ!!やば!めっちゃかっこいい!》

《DJ!!やば!めっちゃかっこいい! もっかい言います。めっちゃかっこいい!♡ 私、ダンスやってて音楽大好きだからDJとか憧れます》 《花もDJとかやってみたいな! ダンス良いですよね~♡どこでもできるし運動不足解消になるし笑 〇〇さん音楽なにが好きなんですか?》  いつも音楽やダンスが話題だった。木村さんは、母の試合会場で観たショータイムに出てくるダンサーに憧れ、小学生時代からダンススクールに通い、高校でもダンスに打ちこんでいたという。

「お母さんが女子プロレスラーということは知りませんでした。その時はヒップホップダンスをやっていて、『ダンスが好き』と話していました。出会って1カ月くらい経ったときに、お台場のZeep Diver Cityで行われたRIP SLYMEのライブに2人で行きました。

 ライブ中は、ダンスをしていることもあってか、リズムに乗って踊りながらノリノリで観ていました。『RIP SLYMEをあまり知らない』と言っていた花さんでしたが、オススメの曲を教えると、楽しむために事前に聴いてからライブに来ていた。素直な良い子だなと思いました。

 ただ、花さんは学校やダンス、バイトで忙しく、私も仕事が大変だったこともあり、連絡を取り合う回数は次第に減っていった。そんなときにふと花さんのツイッターを見たのですが、『わたし騙されてんのかな』と呟いていた。それを見てすぐにLINEを頻繁に送ったりしたのですが、今度は花さんがあまり返してくれなくなった。そんなすれ違いで、疎遠になっていきました。

 顔も可愛くて、ノリも良い素直な良い子だったので、ずっと気にはなっていました。すると、その1年後にミスコンみたいなものに出場するとかで、《投票をお願いします》というLINEが久しぶりに来ました。結局、それが最後のやり取りになってしまいました」

 木村さんは高校を中退し、母の誘いもあり、15年に武藤敬司が代表を務めるプロレス総合学院に入学。16年3月に見事リングデビューを果たした。19年からは現在のスターダムに所属している。

 元「週刊ゴング」の記者で木村さんを取材したという伊藤雅奈子氏が語る。

女子プロレスの悪役は2パターンあり、ひとつはダンプ松本さんのような体格が大きい昭和・平成初期型のヒールです。もうひとつは多団体時代以降に誕生した、SMの女王様のような美人ヒールです。顔立ちがはっきりしていて化粧映えする花ちゃんは、そんな美人ヒールを継承しているレスラーでした。

 ヒールだった母親の響子さんと同じで身長が165センチと高く、肩幅もあり、女子プロレスラーとしては非常に恵まれた体格でした。リングの上では感情的になりますが、ヒールとしての役割を理解している選手です」

 順調にプロレスキャリアを積んでいた木村さんだったが、彼女を追い詰める発端となったといわれているのが3月31日に配信された「テラスハウス」での“コスチューム事件”だった。番組では、木村さんが試合で着用する大切なコスチュームを男性共演者が洗濯機で洗ってしまい、縮ませてしまった。その男性共演者に対し、木村さんは「てめえ何か言えよ!」「ふざけた帽子かぶってんじゃねえよ!」と、男性の帽子を投げ捨てて大激怒したのだ。

 このアクシデントが放送されると、木村さんのSNSには1日100件近い誹謗中傷の書き込みが殺到した。

体のラインを意識してお金をかけたコスチューム
女子プロレスラーにとってコスチュームはとても重要で、入場テーマ曲の中で『スポットライトを浴びながら入場するだけでお金が取れるようになったら本物』と言われる世界です。花ちゃんも胸の部分やきれいな体のラインを意識してお金をかけたコスチュームを着ていた。自分の魅力をわかっている子だったと思います」(前出・伊藤氏)

社長も「あれが本人のパーソナリティじゃない」
 25日、「スターダム」のロッシー小川社長は、記者から「(「テラスハウス」を)辞めたがっていた木村さんから相談は受けていたか」という質問に対して、こう答えている。

「相談をされていた訳じゃなく、まあそれはもう、制作側と出演側のギャップというか。制作側はシンプルにおもしろいのを使うから、あれが本人のパーソナリティじゃない。全てじゃないんで……」

 改めて知人男性が生前の木村さんについて語る。

「確かに気持ちの浮き沈みが激しいと思うことはありました。LINEの返信も気ままで、忙しかったりするとしばらく何も連絡がないこともありました。それでも、文面にはハートをよく使ってくれたり、顔文字もたくさん使う、普通の明るい子だった。思ったことをすぐ口にしてしまうだけで、真っ直ぐで本当に純粋な普通の女の子だった。もう一度、高校生のハロウィーンのときのような無邪気な笑顔を見たかったです」

 木村さんが変装していた「アラジン」のジャスミンは、宮殿での生活から外の自由な世界へ飛び出し人生を切り拓くことを願うプリンセスだ。早過ぎる死が悔やまれてならない。

 体育会系の人はナイーブな人が多い。 

ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

シックスコア

サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】