jyonyblog’s diary

芸能関係を書きますよろしくお願いします

東出昌大、NHKドラマ出演決定で波紋……テレビ局は「降板させない」姿勢にシフトのワケ

 ホームページ作成サービス「グーペ」

 5月21日、NHKがBS8Kドラマ『スパイの妻』(6月6日放送予定)の完成報告を行い、出演者に東出昌大が含まれていることが明らかになった。東出のドラマ出演は、今年1月期放送の桐谷健太とのダブル主演作『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)のスタート直後に不倫が発覚して以来初めて。ネット上では東出の起用について批判的な声が上がっているが、業界関係者は、「いまだ批判はあれど、NHK的には“OK”と判断したということ」だと指摘する。

「世界的にも評価の高い黒沢清監督が高精細の“8Kカメラ”で撮影したという同ドラマは、蒼井優がヒロインを務めるラブ・サスペンスで、東出はその幼馴染役を演じているそうです。昨年10月の時点で制作が発表されていたため、東出のスキャンダルが報じられるよりも前に、撮影が終わっていたものとみられます。東出は主演でもありませんし、局として『お蔵入りさせるほどでは……』と、判断したのでしょう」(スポーツ紙記者)

 東出は、『ケイジとケンジ』が放送開始してすぐに若手女優・唐田えりかとの不倫が表沙汰となり、大バッシングを浴びながらもドラマはとりあえず完走。そのタイミングで謝罪会見を行うも、妻・杏が子どもを抱えて離婚に踏み切るかもしれないという状況だけに、世間的には“東出許すまじ”のムードがいまだ続いている。

「とはいえ、謝罪自体は済んだわけですし、東出がメインキャストとして出演する映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』も、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開が延期されただけで、公開自体はされる予定です。そもそも近年、“不倫したら降板”の流れが定番のようになっていますが、これは2016年にゲスの極み乙女。川谷絵音と不倫していたことで大騒動に発展したベッキーの件から、世間も業界も神経質になっていたという部分が大きい。ただ、最近の傾向としては、本人が辞退したり、スポンサーの“NG”が出たりした場合を除き、むしろ多少のクレームくらいなら『降板させない』形がスタンダードになりつつあります」(テレビ局関係者)

 たとえば、今年2月に俳優・喜多村緑郎との不倫が発覚した鈴木杏樹も、すべての仕事を降板したわけではない。

「朝のラジオ番組『SUZUKIハッピーモーニング・鈴木杏樹のいってらっしゃい』(ニッポン放送)だけは“スポンサーNG”で降板しましたが、『オールナイトニッポン MUSIC10』(同)は担当曜日が変更されただけで、現在もパーソナリティを続けています」(同)

 また、東出の不倫相手である唐田に関しても、先日、再放送ではあるが昨年7月期放送のドラマ『凪のお暇』(TBS系)の出演シーンがお茶の間に流れた。

「唐田の場合、所属事務所・フラームが謝罪コメントを発表して以降、本人によるアクションはないまま。にもかかわらず、出演ドラマが放送されたのは、TBS的には“問題ない”と判断されたから。それでも唐田、そして東出に対する世間のバッシングが続いている状況は、現在も変わってはいませんが……」(同)

 東出としては『スパイの妻』の放送までこぎつけられて、ホッとしたかもしれないが、今後、彼が新しく撮影に参加したり、それが放送されたりするのは、果たしていつになるのだろうか……。 

月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール