jyonyblog’s diary

芸能関係を書きますよろしくお願いします

本当にヤバいのは田中の方?「デリカシー欠如」を太田光に叱られた一幕

 お笑いコンビ・爆笑問題田中裕二が5月10日放送のラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)に出演し、ゲストへのデリカシーに欠けた質問を相方の太田光から咎められる一幕があった。

 田中は、この日のゲストとして迎えたお笑いコンビ・オアシズ光浦靖子に対して、「岡村が大変なことになっちゃったけど、なんか連絡した?」と質問。フジテレビ系バラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」でナインティナイン岡村隆史と共演経験のある光浦に対し、“失言騒動”に関する話題を振ったが、光浦のカナダ留学が延期になったという話を突然中断させてまで切り込んだこともあってか、スタジオには微妙な空気が流れた。

 光浦も困惑したリアクションを見せる中、気を遣った太田が「振るなよ、そういうことをさぁ。なんにも答えられるわけないだろ。お前さ、なんでそういうこと振るの?」と田中を一喝すると、光浦は「いや、全然」と岡村とは騒動後に連絡は取っていないと説明。続けて「遠くから見守ってます」としたが、その後のトークが弾まなかったことから、「もう変なこと振るから~。話しづらい。鈴木紗理奈とか上手に答えてんなぁと思った」と“めちゃイケ”時代の戦友の巧みな返しを称えていた。

爆笑問題が司会を務める『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、鈴木紗理奈は岡村の失言について感想を求められ、半泣き状態で目を赤くしながら『もうオッサンが何言うてんねんって感じです』と叱責し、『でもそれも含めて岡村さんなんで、笑ってやってください』とも語っていました。やはり、コロナ禍によって経済的ダメージを受けた女性が風俗で働くことを“面白い事”と表現した岡村の発言は悪質ですから、長く『めちゃイケ』で共に戦ってきた女性陣からすれば、どうコメントすれば良いか神経をすり減らされるところでしょう。そうした質問を別の話題で盛り上がっている最中に、ラフなノリで光浦に問うた田中はデリカシーに欠けているとの指摘もあり、ネットでは『こういう時に空気が読めない発言をするのはむしろ田中さんの方』『田中さんはある意味天然で、良くも悪くも配慮しない』『これに関しては太田さんが正しい』『この失言問題は身近な人はコメントしづらいと思う』といった反応が出ています。太田の暴言にツッコむ普段のバラエティ番組での様子とは異なり、ラジオでの田中はときに、こうしたデリケートな話題を雑に扱ってしまうケースもあり、不思議なバランス感覚を持つコンビといえますね」(エンタメ誌ライター)

 爆笑問題をよく知る周囲の芸人は、「本当にヤバいのは田中さんの方」だと話す者もおり、今回の応酬はそんな田中の“デリカシーの無さ”が垣間見れた瞬間だったのかもしれない。